読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろwebサービスを開発しないブログ

技術以外のスピリチュアルな話を投稿するブログ

ナミブ砂漠に広がる星空展

新宿行く用事があって、これがやってることを思い出したのでふらっと観てきました。本当はアルマ望遠鏡目当てで行ったんだけど、ナミブ砂漠の星空に圧倒されてそっちばっかり熱心に見てしまいました。

僕の地元は田舎なので、結構星空が綺麗に見えるのが自慢なのですが、ナミブ砂漠から見る星空は頭ひとつ抜けている感じしますね…。

行ってみたいなーと思ってツアー調べたらだいたい60万くらいするっぽい…たかい><

「先延ばし」にしない技術を読んだ

最近、やらなきゃと思っているけどできないタスクが多いと感じていて、うまく解決できる仕組みを構築できないもんか…と思って読んでみました。

Amazon.co.jp: 「先延ばし」にしない技術: イ・ミンギュ, 吉川 南: 本

すごく新しい考えとかは無かったのですが

  • 中間締め切りを作る
  • 考えるよりも先にやる
  • とりかかりにくいことを実験と考える
  • 最終目標を定期的にチェックすることでモチベーションを保つ

など、最近出来てなかったことのチェックができました。なかなか良い本。

富士急ハイランドに行って絶叫マシンに乗った

先週、車で富士急ハイランドまで行ってきました。そして16年ぶりくらいにFUJIYAMAに乗りました。

僕は落下するときの内蔵が浮く感覚が苦手で、絶叫系マシンに乗るのをなるべく避けるようにしてきました。前回FUJIYAMAに乗ったときは死ぬ思いをして、それからしばらくの間、車で下り坂を下っただけでFUJIYAMAの感覚がフラッシュバックしてくるくらいのトラウマに。

ただ、最近軽めの絶叫系に乗ったときに思っていたより平気だったので、もしかしたらもう絶叫系に乗っても大丈夫なのではないかと思ったのです。

そして実際に乗ってみて。トラウマから来る怖さはあったものの、それほどつらくない感じで終了。落ちるときの内蔵が浮く感じもほとんどありませんでした。その後ドドンパやええじゃないかなどにも乗りましたが、だんだん慣れてきたのか(最初と比べて)かなりリラックスした状態で乗ることができました。

うーん。これは

  • 年齢を経て精神もしくは身体の変化があった
  • 単純に慣れの問題

どっちなのでしょうか…。どちらにせよ、これからは絶叫マシンを前ほど怖がらなくてすむようになったのでよい感じです。絶叫マシンが苦手な方、怖くても何度も乗れば平気になるかもしれませんよ!